研修医の声

大岩 彬人  東京医科大学 研修医2年目

大岩 彬人初めまして初期臨床研修医2年の大岩と申します。皆さんは医師として一歩二歩手前にきている方だと思いますが、実習等を通して漠然とやりたい研修の形が見えてきている時期だと思います。私は、研修病院に「経験数」「対応力」「教育力」の三点を求めて当院を志望しました。

当院は広大な八王子の地の基幹病院として機能しており、Walk inの患者さんは勿論の事、救急車を断らないことを理念としているため、都内有数の救急外来患者数を誇っております。当院の研修医は多くの患者さんの初期診断、治療に携わることになります。当院は救急救命センターを備えているので、「一歩目が出る医師」として緊急時の対応も学ぶ事ができます。

また、当院は大学の付属病院であり大学での講義や、多くの若手医師の指導にあたられている教育のエキスパートの先生が多くいます。そのためマンツーマンに近い体制で密度の高い研修を行うことが可能です。臨床の場のみならず週1回の研修医同士の勉強会では2年目の研修医が毎回テーマを決めて1年目を指導する体制が整っており、「学ぶ→教える→身に付く」と段階を踏んで確実な知識を身につける事ができます。
豊富な経験と知識を得るために最適な環境が八王子医療センターには揃っています。

1年間研修をしてみて、何より感じたのは研修医をとても大事にしてくれる病院である事です。指導医の先生、コメディカルの方々、卒後臨床研修センターの方々等、研修医の教育に熱心でかつ体調や心の面もとても気遣ってくれます。
八王子医療センターは熱意溢れる若い力が活躍できる場です。実りある2年間を一緒に過ごしましょう。心よりお待ちしております。

山田 悦子  岩手医科大学 研修医2年目

山田 悦子私が八王子医療センターで研修を始めて、早くも1年が経過しました。当初は新しい環境に慣れることで精一杯でしたが、指導医の先生方・看護師の方々やコメディカルの方々に沢山のことを教えていただきながら少しずつですが出来ることも多くなってきたと実感しています。
私が八王子医療センターを研修先として魅力的に思う理由は沢山ありますが、今回2点ご紹介します。

1つ目は「沢山の症例や手技を経験できる」点です。当院は大学病院としての側面を持ちながら、八王子の中核病院として地域に密着した医療を提供しており、軽症から重症の方まで来院される為、様々な方の診察・診断・治療まで携わることができます。また研修医のバックアップシステムもしっかりしており、研修医の人数も十数人と適度な人数であるため症例や手技を主体的に経験する機会が多々巡ってきます。何よりも指導医の先生方が優しく、時に厳しく熱心に教えてくださるので、モチベーションを高くもちながら仕事に取り組むことができます。

2点目は「アットホームな環境の中で仲間と切磋琢磨できる」点です。2年目の研修医の中で私のみ他大学出身であったため、当初はうまく溶け込めるかとても不安でした。しかしそんな不安もすぐ吹き飛ぶほど研修医同士の仲も良く、オンオフをしっかり保ちながら全員で2年間の研修生活をより良いものにすべく、勉強会を開き経験したことを互いに教え合うなどして互いに切磋琢磨できる環境にとてもやりがいを感じています。

初期研修という2年間は医師としての基盤をつくる上でとても大切な時期と言われています。
そんな貴重な2年間を、ぜひ八王子医療センターで一緒に過ごしてみませんか。一度病院見学にいらしてくだされば、他にも魅力的な点が沢山見つかると思います。 八王子医療センターで心よりお待ちしています。

PAGE TOP