研修医の声

アットホームな病院です。

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  A 先生

aもうすぐ1年目の臨床研修も終わり、2年目になろうとしています。当初はルート確保の方法、血培のやり方、オーダリング…なにひとつ分からず、上級医の先生方にゼロから教えていただいたことを今でも鮮明に覚えています。1,2か月おきに様々な診療科を研修していますが、どの診療科の先生も教育熱心で優しく指導してくださり、日々着実に学びを得ながらこの病院で研修できる喜びを実感しています。

私は東京医科大学出身で、学生の頃に当院での実習経験があり、働きやすい環境、コメディカルの方々が優しいこと、多くの手技が経験出来ることなどの理由から、当院での研修を志望しました。当院の研修医は各学年15人程度です。自大学・他大学関係なく、研修医皆の仲が良いことが最大の魅力だと思います。人数も丁度良いので、症例を取り合うこともなく、お互いが切磋琢磨して高め合う空気感が漂っています。また、オフの日は同期と一緒に買い物に出かけたり、食事に行ったりなど充実した時間を過ごしています。

当院は多摩地区の中核病院で、3次救急の重症患者さんから2次救急のwalk inまで様々な症例を経験することが出来ます。研修科によっては症例発表もあり、院内だけでなく、院外での学会発表に参加することも出来ます。コロナ禍のためオンライン上でしたが、私自身も関東内科学会で症例発表を経験することが出来ました。このように手技だけでなく、アカデミックな要素があることも当院の魅力だと思います。

まだまだ語りつくせない魅力が沢山ありますので、少しでも興味を持っていただけましたら是非一度、アットホームな当院へ見学に来てみてください。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

研修医生活1年目を振り返って

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  B 先生

b 八王子医療センターに入職してから1年が経とうとしていますが、先生方の熱心な御指導やコメディカルの方々の温かさ、卒後臨床研修センターの手厚いサポートに支えられ、充実した研修医生活を送っております。

当院では大学病院でありながら市中病院の側面を持ち合わせているのが最大の特徴であると思います。手厚い教育体制と医療環境の充実性により幅広い分野を学べることに加え、症例・手技を多く経験し、救急外来対応や病棟管理を研修医が主体的に関わることができます。自身で問診から治療まで考える機会が多くあり、常に指導医からのフィードバックが頂ける指導体制のおかげで、私もこの1年間を通じて多くのことを学ばせて頂きました。2週に1度土曜日の業務終了後には研修医の勉強会が設けられており、各科の先生がご教授くださるので、足りない知識や技術を補うことができます。

また職場の雰囲気も良く、各科への対診がスムーズに行われており、看護師さんを始めとするコメディカルの方とも交流が多く働きやすい環境にあります。研修医の人数も1学年15人と適度な人数のため、同期全員や2年目の先輩方との関係も良好で、情報を共有しながら互いに高めあっています。

生活環境の良さも当院で初期研修をするにあたっての魅力の1つです。研修医寮は清潔感があり、ベッドや洗濯機・冷蔵庫などの大型家具が揃っています。寮は病院の敷地内にあるため通勤時間がなく、休憩時間には自室内で休むことが可能です。管理人さんが荷物を預かってくれるため、時間に関係なく冷凍便などを含む宅配を頼めるのは、時間が読めない仕事をしている中で非常に助かっています。研修医のほとんどが寮で過ごすため、休日には同期や2年目の先輩方と食事に行く機会が多くメリハリのある生活を送っています。また、病院内に研修医用の休憩室もあり、カルテで患者さんの情報を収集したり、業務の合間に研修医同士で談笑しながらくつろぐことができるため居心地がとても良いです。

最後になりますが、当院には他にも多くの魅力があります。研修先を悩んでいるという方やこちらで興味を持っていただけた方は是非見学にお越し頂き、肌で感じ取って頂けたら幸いです。お待ちしております。

研修医ファーストで充分な研修ができます!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  C 先生

c私が八王子医療センターを研修先として志望したきっかけは、学生時代の臨床実習でした。教育熱心な上級医、向上心に溢れた研修医がおり、コメディカルの方々との関係の良さが印象的でした。また、学生時代から親身になって接して下さる卒後臨床研修センター事務局の方々がいることも当院に決めた理由の一つです。入職して1年が経とうとしていますが、その選択は間違っていなかったと日々実感しています。

当院の研修病院としての魅力は病院全体で研修医を育てる環境が整備されていることです。先生方は皆さん指導に慣れていて、私たちの疑問にいつも優しく熱心に応えてくださいます。またコメディカルの方々が本当に温かく接してくださり、今まで何度も助けていただきました。研修医ができる手技の多さも特徴的で、指導医のもと自分が望んだ手技はほとんど経験させていただいています。また月3回ほど救急外来の当直を担当しますが、その際には初期対応から病棟管理まで研修医ファーストで行い、指導医からのフィードバックがいただけるので大変勉強になります。他にも、卒後臨床研修センター主催で研修医のための勉強会を企画してくださるので、足りない知識、基本的な手技を補うことができます。

一方、生活面の充実度に関しても胸を張っておすすめできます。初期研修医は敷地内の綺麗な寮に住むことができ、通勤時間は1分です。同期は15人いますが、同じ寮に住んでいるので距離も近く、皆仲良しで休日に出かける機会も多くとても楽しい毎日を過ごしています。

当院の魅力はまだまだ語りつくせませんが、初期研修先として不足ない研修が必ずできます!少しでも興味を持って頂けましたら、ぜひ病院見学にいらしてください。心よりお待ちしています!

指導医の先生方と先輩に支えられ充実した研修生活を!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  D 先生

d新型コロナウイルス感染症への不安が高まる中での研修生活が始まり、早一年が経とうとしてます。普段の生活にも制限があり、ストレスの溜まる日々が続く中で迎える研修は、正直心配な事がたくさんありました。

実際に研修生活が始まると、これまで勉強してきたことを臨床の現場に活かすことの難しさを実感し、自分の未熟さに落胆する日々が続きました。そんな中で迎えた最初の当直で、私が身動きが取れずにたたずんでいると、一緒に入った研修医2年目の先輩に「最初からわかっている人なんていないから、わからない時に質問することが大事だよ。だから、なんでも聞いてね!」と言ってくださったことで、私の中の不安な気持ちがとても軽くなりました。1年違うだけでもこれほど成長できるのかと思うと、自分のやるべきことが明確に見えてきました。

八王子医療センターは大学病院にも関わらず市中病院の要素も併せ持つため、研修の場として最適な環境にあると思います。また上級医やコメディカルとの距離が近く、手厚い指導をしてくださる方が多いので、とても働きやすい職場だと日々感じております。また、三次救急も経験できるため重症から軽症、稀な疾患まで幅広く学ぶことができます。研修医の数も多すぎず少なすぎず丁度いいため、困ったときは先輩後輩関係なくお互いに助け合える関係性にあり、充実した研修生活を送ることができています。

卒後臨床研修センターの方も私たちが良い研修生活を過ごせるよう一生懸命になってくださり、不自由なく研修生活を送ることができています。文章では伝え切れないほどの魅力がたくさんあると思うので、是非一度見学にいらしてください。お待ちしております!

八王子医療センターを志した理由

臨床研修医(2021年採用)出身大学:東京医科大学  E 先生

e研修を開始して1年が過ぎました。いまだに分からない事や出来ない事がたくさんありますが、頼れる先輩や同期、指導医の先生方に助けられながら自身の課題を見つけて頑張っています。

私が八王子医療センターを志望した理由は東京医科大学病院のように3次救急を扱っており、市中病院のように地域に根ざし、commonな疾患を多く経験できると聞いたからです。その中で堅実に手技や診療に取り組む先輩を見て、私もこの環境で研修したいと感じました。市中病院を含め様々な病院を見学しましたが、実際に研修をしている研修医の話を聞いて、この病院が自分に一番合っていると考えました。

実際に研修が始まってからの感想です。2次救急から3次救急まで研修医が主体的に関わることができ、様々なことを経験することができます。上級医の先生たちのバックアップは必ずありますが、自身でしっかり考えて今後の方針を立て、コンサルトをしていく過程で、自分の知識や思考過程の善し悪しを見直すことができます。また、八王子医療センターは各科の垣根が低く、様々な科の先生に気軽に相談できることも良い点だと思います。

他の病院と迷っている方もいると思いますが、以上のような特徴があります。是非一緒に八王子医療センターで研修しましょう。

先輩も同期も互いに高めあう関係が魅力的!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東海大学  F 先生

f研修医になってあっという間に1年が過ぎようとしています。
4月に入職した当初は右も左もわからず、指導医の後ろに付いていくだけで精一杯でしたが、段々できることが増えて、学ぶことがより楽しくなってきました。

そして南多摩医療圏唯一の3次救命救急センターを有する当センターでは本当に様々な症例をfirst touchから診ることができます。研修医は週に1回程度当直に参加します。これは定期的に様々な症例に触れることができるということであり、どの科を選択したとしても知識や思考の偏りなく鑑別する能力を身につけることにつながっていると感じています。ちなみに最初の数か月は1年目と2年目の研修医が一緒に当直に入ることになっており、2年目の先輩に教わりながら救急外来での対応をします。2年目の先輩は本当に頼もしく、多くのことを教わりました。自分も続かなければと焦る気持ちも生まれ、日々勉強する励みにもなっています。同期同士でも、日頃から研修医の間でも新たに得た知識や参加した手技について教えあったり、互いに高めあおうという自然な空気が漂っているところが当センターの魅力だと感じます。

長くいろいろ書きましたが、当センターの魅力はここでは語りつくせないほどたくさんあります。病院見学などなかなか来づらいご時世かもしれませんが、実際に見て・聞いて・感じてもらう以上に当センターの魅力をお伝えできる手段はないと思います。ぜひ1度見学にいらしてみてください。お待ちしています!

研修しやすい環境が整っています!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  G 先生

g入職してから1年が経ちました。コロナ禍に始まり数多くの不安を抱えて始まった研修生活ですが、研修センターの方々、指導医や看護師、コメディカルの方々、そして恵まれた同期の支えもあり、充実した毎日を送っています。そして改めて八王子医療センターの良さを実感しているところです。

短いながら当院での研修について紹介させていただきます。
ここ八王子医療センターは南多摩医療圏の地域医療を担う八王子市の中核病院です。立地としては高尾山のお膝元であり都心部からは遠いと思われる方も多いと思いますが、最寄り駅の高尾駅から新宿までは乗り換えなしで1時間もかかりません。病院の機能としては3次救急に指定されており、研修医当直や救命救急センターの研修では様々な重症患者の診療に携わることができます。もちろんウォークインや軽症患者の方も来院されますので、地域医療を経験することから様々なcommon diseaseにも触れることができます。また当院は東京医科大学病院の系列病院という特性から、市中病院らしさを残しつつも内科外科含めてほとんどの診療科を備えているため、2年間を通して多くの症例を経験することが可能ですし、将来を見据えて研修したい科を決めることも可能です。もちろん学会発表等の学術的な面でも指導医の手厚いサポートも受けることができます。研修医の人数としては例年1学年15人と少なすぎず多すぎず、研修する際は一つの科に研修医は多くて2人程度であるため、指導医は研修医を一人一人丁寧に見てくださり、手技等も十分に身に付けることが可能です。

研修先を選ぶ際には悩むことが多いため非常に苦労されると思います。当院の医師は研修医を含め東京医科大学出身者が多くおりますが、ここ数年で他大学出身者も増えていますし、同期や先輩を見ていても馴染み過ぎているためそういったことを気にしたことはありません。病院を調べていく中で八王子医療センターでの研修に少しでも興味を持ってくださった方には是非見学で当院の雰囲気を味わっていただきたいと思います。心よりお待ちしています。

熱心な教育体制と
オンオフがしっかりしているところが魅力です!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  H 先生

hあっという間に研修医の1年目が終わろうとしています。はじめは分からないことだらけでしたが、先生方やコメディカルの方々に支えていただきなんとか1年間を終えることが出来ました。

私が八王子医療センターでの研修を選択した理由は、自大学という慣れた環境であればのびのびと研修できると思ったからです。また、選択実習の際に見た積極的に診療に参加している先輩方の姿に憧れてこの病院での研修を希望しました。地域に根差した病院でありながら、大学病院ということもあり、診療科が揃っています。common diseaseを経験しつつ、珍しい症例も幅広く学べると思いこの病院を希望しました。

実際に働いてみて、先生方が教育熱心であることを感じました。1学年が15人と比較的小規模なので、先生方も1人1人の研修医のことを大切にしてくれます。1つの診療科あたりの研修医の数が少ないので、手技もたくさん経験することが出来ます。やる気があれば、学会発表の指導や論文執筆の機会もいただけます。一方で、オンオフがしっかりしているので、自分の時間も確保できます。寮も新しく、快適な環境でリラックスできます。

卒後臨床研修センターの方々のサポートも手厚いので、困ったときはいつでも相談ができます。また研修プログラムの自由度が高いので、志望科がまだ決まっていない方にも当院での研修をおすすめできます。

少しでも、八王子医療センターに興味をお持ちでしたら是非とも見学をお勧めします。皆さんと病院見学でお会いできるのを心待ちにしております。

たくさん経験が積める病院です。

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  I 先生

i研修医として働き始めてから1年が経ちました。忙しくも毎日充実した日々を送っています。

私が八王子医療センターを研修先として選んだ理由は、当直が充実していると先輩から伺っていたからです。八王子医療センターの研修医は、救命救急センターを研修していない時も、救命救急センターの先生方と一緒に、救急外来で当直をします。八王子医療センターは三次救命救急センターであり、周辺に大きな病院が少ないため、数多くの症例を経験できると先輩から伺っていました。実際に働き始めるとその通りでした。夜間の忙しさは日によって多少違いはありますが、様々な経験ができるため、充実した当直をしています。

学生時代から将来の科を決めている人もいれば、悩んでいる人もたくさんいると思います。私個人の意見としては、将来何科に進もうと、研修医のうちに救急外来でたくさん経験を積んでおくことはとても大事なことだと思います。

充実した指導体制のもと学べる環境があります。

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  J 先生

j八王子医療センターに入職して1年が経ちました。本当にこの1年間はあっという間でもう少し1年目研修医でいたいと思うほど充実した日々を過ごせました。そんな1年間の研修を通して感じた当院の魅力をお伝えしようと思います。

1つ目は、優しい指導医が多く丁寧な指導を受けることができることです。研修を始めた頃、右も左も分からない私に、指導医の先生方が忙しい中でも優しく丁寧にカルテの書き方からオーダーの出し方など、基礎から教えてくださいました。もちろん、医学的な所見の取り方や、手技についても丁寧に指導してくださり、多くの患者さんを担当させていただくことで、最初はなかなか上手くできなかった事でも、1カ月、2カ月経つ頃には自信をもってできるようになり、自分でも成長を感じることができました。

2つ目は、研修医にとっては最高の生活環境にあるということです。研修医は新しい綺麗な寮に住むことができ、病院の敷地内にあるので病棟まで1分で行けます。そして1年目も2年目も同じ寮に住んでいるので、困ったことやつらいことがあった時はすぐに連絡をして助け合える環境にあります。1学年15人という人数も丁度よく、すぐに打ち解けてお互いに助け合いこの1年間を乗り越えられたと思います。そして、卒後臨床研修センターの方々のサポートも厚く、とても面倒見がよく助かっております。

3つ目は高尾という立地です。場所は東京の郊外で新宿のように近くに沢山のお店があるわけではないのですが、逆にそうした環境であるため自分で本を読んだり、ZOOMでのレクチャーに参加したりと、勉強時間を確保することができると感じました。そんな高尾でも美味しいお店は沢山あって、業務終了後に指導医や同期の研修医と食事に行くのも楽しみです。その他に、高速道路が近くを通っているので、車で山梨や鎌倉へ行ったり、新宿にも1時間ほどで行けるので、休みの日に旅行に行くにはうってつけの環境です。もちろん高尾から新宿まで電車で1本ですので、業務が終わって新宿に行き、友人と会って戻ってくることも可能です。

少しでも当院に興味を持ってくださったなら是非一度、病院見学にいらしてください。私もホームページで当院の存在を知り、病院見学に行こうと思ったことが最初のきっかけでした。みなさんが病院見学に来てくださることを心よりお待ちしております!

自分の将来を考えながら
研修スケジュールを組むことが出来ます!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  K 先生

k早いもので八王子医療センターで初期研修を開始してから1年が過ぎました。新社会人として慣れないことに戸惑いながらも、多くの方に支えられ成長を感じられる研修を送っています。

私は学生時代に6年次の選択実習で2ヶ月間当院で実習を行いました。その時に感じたことは、院内のスタッフがとても親身でアットホームだったこと、研修医が生き生きと仕事をしているところが印象的でした。

また、当院では市中病院としての一面と大学病院としての一面を兼ね備えているため、幅広い症例を経験できる点や実際に手技や診療に積極的に参加できるところに魅力を感じ、ここでなら初期研修医として必要な力を身につけることができると思い、当院での研修を希望しました。

当院の初期研修医は1学年15人ほどで、各診療科を研修する際には、研修医も科の一員として診療に参加します。上級医の指導の下、実際に患者さんの診察を行い、初診時の対応をから、初療にあたり入院中の診療計画を立てて患者さんが退院するまで、病態を考え理解しながら自主的に診療ができます。

どの科の先生方もとても優しく、またどの科でもスタッフの一員であるため多数の手技を経験することもでき、とても熱心に指導してくださるので、非常に多くのことを学ばせていただいています。また2年目はもちろんのこと、1年目から自由選択科として自分の興味のある科を研修できる点もとても良いところで、自分の将来を考えながら研修スケジュールを組むことが出来ます。

仕事以外の時間には同期や先輩と出かけたり、自分の趣味に時間を使ったりと心と時間に余裕を持って仕事ができています。

少しでも当院に興味を持ってくださったなら是非一度、病院見学にいらしてください。みなさんが病院見学に来てくださることを心よりお待ちしております!

八王子医療センターで
仕事もプライベートも充実した研修を!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  L 先生

l時間が経つのは早いもので初期研修医として1年が過ぎようとしています。医師1年目としてスタートし、右も左もわからず、戸惑いや大変なことも多くありましたが、多くの方に助けられ、研修医として学んで来られたと思います。

私が入職してから実際に働いていて感じた八王子医療センターの魅力を2つ紹介させていただきます。
1つ目は、職場として雰囲気がとても良いことです。熱心に指導してくださる先生方、とても頼りになる先輩方、不安やミスをカバーしてくださるコメディカルの方々と一緒に働くことができ、報連相に壁がありません。隔たりなく接することのできる同期、事務的なことから仕事内容まで、精神面や休暇についても全てを手厚くサポートしてくださる卒後臨床研修センターの方々の支えもあり、安心かつ充実した研修を送ることができています。

2つ目は、大学病院の側面と多摩地区を中心とした地域医療を担っている市中病院の側面があり、commonな疾患から稀な疾患・専門的な治療を要する疾患まで、幅広く充実した症例を経験できるという点です。症例数も十分にあり、手技も満遍なく経験することができます。各科のカンファランスはもちろん、診療科によっては学会発表の機会を頂くこともでき、アカデミックな経験を積むことも可能です。また当院は多摩地区の中核病院であり、3次救急の重症患者さんから、ウォークインで来る患者さんまで幅広い症例を経験することができます。手技に関しても、指導を受けながら多くの症例を担当することができ、とても充実した1年間を過ごすことができました。

最後になりますが、私は八王子医療センターを研修先に選んで本当に良かったと思っています。研修先に迷っている方はぜひ一度見学にいらしてみてください。当院にはここでは伝えきれない魅力がたくさんあります。少しでも興味がある方はぜひ見学にお越しください。お待ちしております!

得られる経験と知識のバランスが非常に良い、
市中病院のような大学病院!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  M 先生

m私が考える八王子医療センターの一番の魅力は、東京医科大学病院の系列病院であるということです。昨年私が研修病院を考える際によく聞いた言葉で、「頭で考えるより先に体が動くようになる」、「戦力として扱われるから自然と力が身につく」などがありました。

実際に研修をしてわかりましたが、考えることなしに体は動きません。また、戦力として扱われるためには、本を読んで勉強したり、上級医から教わったことを実際にやってみるというサイクルが非常に大事です。
八王子医療センターは「指導医が豊富で、多くの経験が積める」という点においてバランスの良さが際立っており、他の研修病院には無い魅力を感じています。

八王子医療センターでの研修は経験できる手技の種類・回数が多く、その時の経験値を考慮して指導医が教えてくれます。研修医はより多くの手技を経験することが大切ですが、これは病院の色が強く出ます。八王子医療センターには研修医時代に多くの手技を経験した先生方が後期研修医をはじめ多くいらっしゃり、研修医にはより多くの手技を経験させてあげたい!という考えをもってくださっています。

1年間の研修において様々なことを経験し、また同期にも恵まれて私生活も充実しており、この病院で研修できて本当に良かったと感じています。
研修病院を選ぶためにあれこれ悩む時間は楽しいですよね。病院見学に行ったり大学の試験勉強なども重なり大変ですが、頑張ってください。

手厚い指導体制のもと、安心して研修できます!

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  N 先生

m研修医としての生活が始まってから早くも1年が経とうとしています。2年間の研修医期間の半分が過ぎたことに少し焦りを感じながらも、先生方や研修センターの方をはじめ多くの方々に支えられながら日々充実した研修を送っています。

私が実際に1年間研修して感じた当院の魅力は、まず病院内の雰囲気の良さです。どの診療科を研修しても、とても温かく、アットホームな雰囲気で研修医を迎え入れてくださいます。熱心に親身になって指導してくださる先生方をはじめ、看護師やコメディカルの方々も優しく接してくださり、困った時には助けてくださいます。また、研修センターの方々は些細なことでも相談に乗ってくださり、手厚いサポートのもと安心して研修することができます。

次に大学病院と市中病院の両方の側面を持ち合わせている点です。当院は、common diseaseから稀な疾患や高度な医療を要する疾患まで多種多様な症例を経験できます。研修医の数も15人と程よい人数で、どの研修医も満遍なく様々な症例や手技を経験することができていると感じています。また、カンファレンスのプレゼンや診療科によっては学会発表も研修医のうちから経験できるなど充実した研修を送れる環境が整っています。

さらに、仕事とプライベートのオンオフがはっきりしており、休みの日は勉強や趣味といった自分の時間を有効に使ったり、研修医同士も学年問わず仲が良く、一緒に食事をしたり出かける時間も十分にあります。

他にも八王子医療センターの魅力はまだまだ沢山あります。当院での研修に少しでも興味をもっていただけたら、ぜひ一度見学にいらして雰囲気を感じていただきたいと思います。皆さんのお越しを心よりお待ちしております。

充実した研修生活を送ることができます。

臨床研修医(2021年採用) 出身大学:東京医科大学  O 先生

m八王子医療センターにて初期研修を開始してから、早いもので1年が過ぎました。慣れないことの連続に戸惑いながらも、先生方のご指導や卒後臨床研修センターの方々の手厚いサポートに支えられて、日々成長を実感でき充実した研修生活を送れています。

私がはじめて八王子医療センターを訪れたのは、学生時代の実習で当院を選択した際でした。その時、先生方が若手の育成に非常に力を入れており、教育熱心で実践的な指導をしている様子を見て、ここでなら初期研修医として自分に必要な力をつけることができると思い、当院での研修を希望しました。

実際に研修が始まると、学生時代に感じた充実した教育体制やアットホームな雰囲気がすべての科に共通してあると更に実感しました。当院の初期研修医は1学年15人ほどと少なすぎず多すぎず程よい人数バランスとなっています。そのため各診療科を研修する際には、研修医も科の一員として診療に参加することができます。実際に患者さんを診察して初診時の対応を考えるところから、初療にあたり入院中の診療計画を立て退院するまで、なぜそうなるのか病態を考え理解しながら上級医の指導の下で自主的に診療できます。なお上級医からのフィードバックもしっかりとあるので、安心して研修することが出来ます。

また地域に根付いた病院というだけではなく、三次救急医療機関で大学病院の系列病院ということもあり、幅広い症例を経験することが可能な点も大きな魅力です。

一方で仕事とプライベートのオンオフはしっかりしており、オフの時間には自分の勉強したい分野の学習を進めたり、趣味や友人との時間に費やしたりすることも十分にできます。研修医同士も学年や出身大学を問わずとても仲が良く、また各科の先生方やコメディカルの方も研修医の名前を覚えてくれますし、とても親身に接してくださり、縦横幅広い人間関係を築き上げることができるなど、充実した研修医生活を送ることができる環境であると思います。

八王子医療センターには、まだまだ語りつくせない魅力が数多くあります。ぜひ当院で一緒に研修医生活を送りましょう。病院スタッフ、研修センター、そして我々研修医一同、皆様を心よりお待ちしています。

PAGE TOP