八王子医療センターの臨床研修

研修理念

東京医科大学八王子医療センターは、「人間愛と奉仕の精神に基づいて良質な医療を実践する」という理念の元に、東京医科大学の校是である“正義・友愛・奉仕”を実践することを基本方針として、優れた臨床医を育てるための教育を行っています。

初期臨床研修の2年間は、臨床医としての基盤を形成するための最も重要な時期であり、医師としての基本的臨床能力のみならず、医療人としての基本的姿勢・態度を養う期間であると考えています。

初期研修の基本理念である『医師としての人格を涵養し、将来専門とする分野にかかわらず、医学及び医療の果たすべき社会的ニーズを認識しつつ、日常診療において頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることのできる医師を養成する』ために、“研修医心得”を遵守し、自ら考え行動してほしいと思います。

photo
自主自学の碑
「自主自学」とは、何事も自らの意思をもって自ら行うという東京医科大学の建学精神です。
  • 研修理念
  • 研修医心得
  • 初期臨床研修の特色
  • 研修医の主な出身大学
  • 研修施設案内

PAGE TOP